熊本地震から7年、防災パークに出展しました。

一社ひとtoペットでは、動物看護師の災害支援チームを応援しており、民間団体では受けることのできない企業さま案件を請け負っております。
その収益は、フリーランスの動物看護師の社会での働き方を推進していくために寄付させて頂いております。

熊本市首長の大西市長から、ご挨拶があり7年という復旧復興期間を考える時間となりました。

そのあとは、一斉でのシェイクアウト訓練でした。地震の怖さを知っているからこそ、皆さん真剣です。防災減災は、こうした「行動する。行動しておく」ことが本当に大切だと感じました。

ペット防災についての展示を行い、さまざまな説明もしていきました。
「ペット同行避難とペット同伴避難の違い」
「ペットも避難所に来るのです」
「持ち出し袋と備蓄は違っていて、いつもの生活が重要なので、お気に入りのものはしっかりリュックに詰め込んでおいて欲しい」
「人の支援物資は、早期に届くが、ペットのものは届かない。お薬や療法食などは、動物病院で多めにもらいましょう」
などなど、対面で説明できる機会は、私たちにとっても学び多き時間です。

隊員も、とても頑張っていました。大西市長も来て下さいましたよ。
天気にも恵まれ、本当に素敵な時間を過ごすことができました。
熊本城が復興したとは言え、周囲の堀など、まだまだ修繕が続きます。それだけ被害が大きく、やっとここまで復興してきたことが伺えます。
被災県であるからこそ、皆真剣に考えておられますし、次に備えています。

自身が住む町では危機意識が薄く、思うように防災・減災が進んでいかないと、心を痛めている隊員がいます。「ジブンゴトにして頂くこと」多分、意識の高い防災減災では、届かないのだと思っています。また被災地から学ぶこと、そしてそれを自分に落とし込み、住む町に変え考えること、それが大事だと感じております。

ひととペットの防災手帳もお配りしました。みんなで考えた知恵と大事なことが「ぎゅっ」と詰まっています。写真をその場で貼るだけで、世界でたった1つの「その子のための防災手帳」となります。
これが、飼い主さまとペットの命と生活を守ることに繋がることを祈って…

上記の「防災手帳」を使って、2023年5月17日(水)20:30~開催します!

お申込みは、こちらから↓ (外部申し込みサイト「peatix」を利用しております。)

多頭飼育の方にぜひ来てほしい!ペット防災手帳セミナー by動物支援ナース
【多頭飼育の方にぜひ来てほしい!ペット防災手帳オンラインセミナー】   最近、大雨続きですね。我が家には、犬2頭、猫1頭、フェレット1頭と・・・まさに「多頭飼育」さて大雨の時に「避... powered by Peatix : More t...
タイトルとURLをコピーしました